ラミーゲーム

<「ラミーゲーム」とは>

 とらんぷゲームの一大ファミリーを成すゲームジャンルの一つです。「麻雀に似ている」などとよく表現されます(役などの決まりごとがずっとずっとシンプルですが)。このファミリーの中でも特に単純なゲーム「ラミー(Rummy)」の名をとって、「ラミーゲーム」と呼ばれます(「ラミー」も面白いゲームなのですが、本サイトではご紹介いたしません。ご興味がおありの方は、例えば本ページ下のリンクなどを是非ご活用ください!)。


 本サイトでも、ラミーゲームをいくつか紹介してまいりますが、トリックテイキングゲーム同様、ラミーゲームたちも、共通した骨格を持っていますので、まずはこのページで、その骨格について述べたいと思います。◆



<共通の骨格

 ラミーゲーム共通の骨格は、

 「手札を組み替えていきながら、メルド(meld)を作る

 というものです。「メルド」とは、決められた条件を満たす「カードの組」です。


 どんな組がメルドと見なされるかはゲームによってマチマチですが、ここでは、最も基本的と思われる二種類の組について述べさせていただきますね!(なお、ここで用いる「メルド」、以下で用いる「セット」や「シークエンス」といった表現は、使い方が人によって若干異なる場合があるので、ご注意ください。例えば、「2枚以下の組は、そもそも『セット』とは言わない」という方もいらっしゃるでしょう)


〜基本的なメルド1. セット(Set)〜

 同じ額面のカード複数枚の組のことです(例えば、「スペード7,ハート7,ダイア7」は、「7が3枚のセット」ということになります)。

 大抵のラミーゲームでは、3枚以上のセットが、メルドと見なされます(その場合、「スペード7,ハート7,ダイア7」は、「7が3枚のセット」で、特に「メルド」ということになり、「スペード7,ハート7」は、「7が2枚のセット」だけれども、「メルドでは無い」ということになります)。

 ラミーゲームでは、十中八九この「セット」がメルドとして定められています。◇


〜基本的なメルド2. シークエンス(Sequence)〜

 ぼくの身の回りでは、「階段」などとよく表現されますね。

 「同じマークで、額面が順序通りにスキップなく一続きになっているカードの組」を言います。ここで、額面の順序は「A、2、3、...10、J、Q、Kの順」と設定されるのが標準的と思われます。


 例えば、「ハート3,ハート4,ハート5」、「クラブJ,クラブQ,クラブK」、「スペードA,スペード2,スペード3」は、「3枚のシークエンス」です。

 「ハート3,ハート5,ハート7」は、ハート4,ハート6がスキップされているので、シークエンスとは呼びません。

 「ハート3,スペード4,ハート5」など、異種のマークが混合している場合も、特に断らない限りシークエンスとは呼びません


 また、「AKはつながるか」という問題がありますが、これはゲームに依ります(つまり、「ダイアK,ダイアA,ダイア2」などがシークエンスと見なされるかは、ゲーム次第です)。

 大抵のラミーゲームでは、3枚以上のシークエンスが、メルドとして扱われます。◇


 以上が、基本的なメルドの紹介になります。◆



<魅力>

 ラミーゲームの基本的なスタイルは、


 (1)手札が配られる。

 (2)『山札や捨て札からカードを引く→手札を捨てる』を繰り返して手札を「いじって」いきながら、メルドを作っていく。

 (3)メルド作りによって、ペナルティを減らしたり、ポイントをゲットしたりする。


 というものです。


 引いたカードや、これまでに捨てられてきたカードを踏まえて、「どの手札を残せば次につながるか」という判断をするのもスリリングで楽しいですが、

 「きゃつの捨て札を見るに、きゃつはあのメルドを作ろうとしている(or諦めている)に違いない!」といった読みをして、必要に応じて戦略を変えていくこと、あるいは、これを逆手にとって相手を操ってしまうことが重要だというのが、恐らくラミーゲームの最も面白いポイントだと思います。


 例えば、相手が「スペード6,7,8」のシークエンスを作ってしまったと分かった状況で、自分の手札に「スペード5」がある場合、これを捨てると敵に塩を送ってしまいますから、5のセットを作る」などして、安全にスペード5を保有するといった対応をする必要があるわけです。

 一方で、例えば、「手札にハート5スペード4,6,7」がある場合に、相手が後々スペード5を抱えられないようにするために早い段階で「ハート5」を捨ててしまう、といった戦術もあるわけです(無論、安直にこの戦術をとると、相手に狙いが見透かされる恐れがありますが^^;)。


 つまるところ、互いの捨て札を介した「相手とのコミュニケーション」があって面白い、といったところでしょうか^^ ◆



 おめでとうございます!これでラミーゲームへの扉が開かれました!よい旅になりますように!(試しにラミーゲームをやってみたいという方には、「ジン・ラミー」をおすすめいたします。シンプルかつ面白いですからね!)