大富豪系ゲーム

<「大富豪系ゲーム」とは>

 「クライミングゲーム(climbing game)」などとも呼ばれるゲームジャンルで、「大富豪」含め、数々の面白とらんぷゲームが所属する一大ファミリーを成しています(そう!何も「大富豪」だけが世界の全てではないのです!!)。


 「クライミングゲーム」とは言い得て妙だと思いますが、日本では、「大富豪」「大貧民」)が大変メジャーだと思われるので、本サイトでは、「大富豪系ゲーム」と呼びたいと思います(なお、「大富豪」はとても面白いですし、色々とゲームを学んだ後でもやっぱりユニークに思われるので興味深いですが、上述の通り人口に膾炙していますから、本サイトで改めてご紹介はいたしません。ご興味がおありの方は、例えば本ページ下のリンクなどを是非ご活用ください!)。◆


 このページでは、「大富豪」をプレイされたことのない方を想定して、大富豪系ゲーム共通の骨格をご紹介し、具体的なゲーム記事へとつなげてまいりたいと思います。



<共通の骨格>

 大富豪系ゲーム共通の骨格は、以下の通りになります。


*1:「カードの強弱」と、何種類かの「カード(の組)の出し方」が設定されています。標準的な強弱は、2>A>K>Q>J>10>9>...>3の順に強い、というものですね。許されるカードの出し方はゲームによってマチマチです(時に"スパイス"としてゲームを薫り高いものにしてくれます)が、以下の出し方は、大抵のゲームで認められています。


「シングル」  :カード1枚を単独で出すやり方です。

「ペア」    :同じ額面のカード2枚を組にして出すやり方です(「ダイア3,クラブ3」など)。

「トリプル」  :同じ額面のカード3枚を組にして出すやり方です。

「クアドラプル」:同じ額面のカード4枚を組にして出すやり方です。

「シークエンス」:「階段」とも呼びます。普通、「3枚以上のカードの組で、額面がスキップなく一続きになったもの」を言います(例えば、「クラブ4,ダイア5,ハート6」は3枚シークエンスです。「ハート3,クラブ5,ダイア7」は、46が抜けているので、シークエンスではありません)。なお、普通は、枚数の違うシークエンスは、違う出し方として扱われます(つまり、後述の「トリック」で、3枚シークエンス「クラブ4,ダイア5,ハート6」に対し、5枚シークエンス「ハート7,クラブ8,ハート9,ハート10,スペードJ」を出すことはできないわけです)。


*2以下のミニゲームを繰り返します(トリックテイキングゲームと似ています。お話をさせていただく上で便利なので、一般的な用語ではありませんが、このミニゲームのことも、本サイトを通して「トリック」と呼ばせていただきます)。


 (1)誰かが、手札から、*1で許された出し方でカード(の組)を出して始めます(以下、「リードする」と表現します)。

 (2)各プレイヤーとも順番に(普通は時計回りです)、「リードされた組と同じ種類でより強い組(普通は、含まれているカードのランクを比べます)を手札から出す」か、「パスをして、次のプレイヤーに番を渡す」かします。

 (3)必要なら何周もしていき一人を除いて全員がパスしたら「トリック」終了となります(1度パスをしたプレイヤーにまた番が回ってきた時、改めてカードを出せるかどうかは、ゲームに依ります)。


 最後にカードを出したプレイヤーが、その「トリック」のカードを総取りした上で(普通は勝敗に影響しないので、捨ててしまうこともあります)、次の「トリック」のリードをします。


 例1)4人ゲームの「トリック」の例を挙げます。

  プレイヤー1:ハート3,クラブ3(ペアなので、この「トリック」はひたすらペアの戦いになります)

  プレイヤー2:ダイア7,クラブ7

  プレイヤー3:スペードK,ハートK

  プレイヤー4:パス

  プレイヤー1:ハートA,クラブA

  プレイヤー2:パス

  プレイヤー3:スペード2,クラブ2

  プレイヤー4&1&2:パス

   →プレイヤー3を除いて全員がパスしたので、プレイヤー3がこの「トリック」を取って、次の「トリック」をリードします。


 例2)もう一つだけ、挙げさせていただきます。

  プレイヤー1:ハート3,クラブ4,クラブ5(3枚シークエンスなので、この「トリック」はひたすら「3枚シークエンス」の戦いになります)

  プレイヤー2:ダイア7,クラブ8,スペード9

  プレイヤー3:パス

  プレイヤー4:パス

  プレイヤー1:ダイアQ,ハートK,クラブA

  プレイヤー2&3&4:パス

   →プレイヤー1を除いて全員がパスしたので、プレイヤー1がこの「トリック」を取って、次の「トリック」をリードします。


*3:「トリック」を繰り返していきながら、手札を使い切ったら(「上がったら」)、「いいこと」があります。「いいこと」とは、大抵は、「勝つ」か「得点をもらえる」というものです(トリックで獲得したカードについては、普通は勝敗に影響しませんが、ゲームに依っては、得点になる場合があります)。


 骨格は以上になります。これに様々な"スパイス"が加えられて、色々な面白ゲームになるわけです。◆



<魅力>

 一つは、「いつパスをするか」というところだと思います。

 極端な話ではありますが、例えばどんなに強い手札が来たとしても、ひたすら「パス」を連呼していたら勝てないわけです。

 逆に、「強い2Aが軒並みいない」手札であっても、敢えて序盤でパスをせず、なけなしの「KQ」を出すことで、結果的に相手同士がその「KQ」の上でドンパチをやって「2Aも全滅した」状況になれば、「弱かった」手札の残りのKQでゲームを席巻することも夢ではなくなるわけです(もちろん、このような戦略は、常に手札と相談せねばなりませんが!)。

 往々にして、「出せるけれども、後のために今はパスする」といった判断が活きてくることもあります(決まったらカッコよくないですか?)。


 加えて、「同じ手札でも、カードの組み合わせ方次第で全く結果が変わってくる」ところ、「相手を見ながら、戦略を変えていかねばならない」ところも、面白いと思いますね〜

 例えば、手札にKの「トリプル」がある場合、それを「トリプル」として使うか、それとも「ペア+シングル」として使うか、という判断があるわけです(さらに手札に「Q,J」があって、「シークエンス」も考慮に入る場合、話はもっと複雑になります)。

 この状況で、例えば相手の一人に「ペア」をたくさん持っている人がいた場合、序盤でKの「トリプル」を出してしまうと、後で「ペア」戦になった時に後悔したりしてしまうわけですね^^;


 これらを踏まえた上での駆け引き、繰り広げられるドラマが、ぼくは大好きです!◆

 


 おめでとうございます!これで大富豪系ゲームへの扉が開かれました!よい旅になりますように!(試しに大富豪系ゲームをやってみたいという方には、本サイトでご紹介している「争上遊」をおすすめします。とてもシンプルかつ面白いので!)